貫一の日記

何でも書くやつ

チェンソーマンを読みました

面白いかというと、まぁ、面白い。

今までにハマった漫画と比較すればトップテンにも入りませんが、15巻までに完結した漫画の中で格付けをしますと、上位であると思います。まだ完結していませんが・・・13巻くらいで終わるんじゃないですかね。

 

ネット上の評価は様々ですが、私個人としましては、順当な進み方をする漫画だと思っています。読者を裏切らないという点では王道と言えるでしょう。

大きなキーワードは「普通の生活」。普通の生活とは好意の中で成立し、その逆は殺意であります。デンジ自身も序盤に話していましたが、出会った女性はみんな彼を殺そうとします。普通ではない生活。

このデンジの欲求は基本的に異性へ向けたものでしたが、実際に「普通の生活」を提供したのは同性の早川アキ。

 

この早川ね。うん・・・。

早川はデンジと対象的なキャラクターで、とても上品です。精神的な強さも持っているし、情も深い。同じなのはマキマさんへの好意だけで、それ以外は何も似通いません。

これに信用ならないパワーとの3人で同居がなされます。その後間もなくして8階編へ入るわけですが、驚くほど早川は彼らへ順応し、馴れ合うことが出来ています。

その結果「あれは!いたずらレベルじゃねぇ!!殺すぞ!!」といった言葉が彼から飛び出します。その前の「こいつらに背中は任せない」の段からしても相当な馴れ合いっぷりです。本気で警戒しているなら本人たちに聞かせません。

軽口で「殺すぞ」が出てくる時点で、早川は相当なストレスを短期間で溜め込んだと推察されますし、また、精神年齢が二人へ近づいています。親密さは相当なものですし、それを仕事仲間(先輩や後輩)に見せるってのも相当なこと。

この距離の詰まりかたは不思議かつ異常であります。

 

伏線と読むならば、マキマさんの支配による結果です。作者の不始末とも読めますが、支配説の方がしっくり来るように筋が通されています。

早川は作中でも最も悲劇的な人物となったわけですが、それでも彼の魅力が損なわれなかったのは作者の巧いところでしょう。

 

何が巧いのか・・・というと複合的に過ぎて考えがまとまりませんが。

第一に構成が素晴らしい。ヒーローが主人公であり、メインヒロインが主役である。これは珍しくありません。この上で負けヒロイン離脱構成を取るのが珍しい。

主人公に選ばれなかったヒロインが敵に回ったり、友人格へ落ちたり、あるいは物語から遠ざかって要所で都合よく登場する、そういったことは珍しくありません。本作はメインヒロインによる(間接的な)殺害で完全離脱を果たしますから、これは珍しい。

その上でメインヒロインは名目上の味方であり、主人公の側にあり続けます。

 

よくあるのは「頼りになる上司だと思っていたらラスボスだった」ですよね。「メインヒロインがラスボスだった」も決して少なくありません。

これを複合させて「恋愛対象(=メインヒロイン)で常勝無敗の上司がラスボスだった」としたのが本作でありますから、外道+外道で少年ジャンプに載せられるような話ではありません。青年誌でも「もっと設定絞って!」と言いたくなるようなごちゃつき具合。

これにオーソドックスではない負けヒロイン離脱構成を取り、15巻までに完結しそうな簡潔な物語を作った、これが巧いと思います。分かりやすい物語の破綻もありません。

簡潔だから早川の魅力は複雑になっていない。単純明快です。崇高な精神、深い情、これらを以て主人公の大きなピースとなっていた。

これまた外道というか、近年の細やかな流行りというか、典型的なヒロイン像を親友ポジに与えるんですよね。早川を女性と仮定しますとハッピーエンドへの筋書きは描きやすいはず。

 

早川の設定はこの様にやや複雑です。複雑な設定のために扱いづらいとも言えるんですが、これを全て統合して「家族」としたのが本誌掲載分の内容です。パワーも「ヒロイン未満・親友未満・仲間以上」の曖昧さから離脱して「家族」となりました。

これらの家族によりポチタ喪失をリフレインさせるのが目的となります。あるいは、ポチタの段階からマキマさんの掌の上であったかもしれません。

 

あぁ、そうなると逆ですね。マキマさんはデンジじゃなくてポチタに喪失を与えたい。「チェンソーの悪魔」への喪失ですよね。

チェンソーの魔人とするまでがマキマさんの思惑だったとして・・・仮定の上に仮定を乗っけますが、デンジがデンジであったことは誤算だったのかも。それを指して「面白い」という表現だったのかな。

となるとマフィアの孫はデンジを理想とした実験の素材であるとまた推測が立つと。沢渡アカネはマキマさんの支配下にありますから、それが相当前からである可能性は残る。

 

 

[36・37合併を読んで] 

ははぁ、そこまで掘り下げないんですかい。果断な話のぶった切りをかましますな。

3人でこそ家族であったわけですから、そこが破綻するのは当然。その隙間にマキマさんが潜りこむってのは考えていませんでした。流石メインヒロイン。ヒロイン力が高い。

しかし、マキマさんくらいの格があるならばデンジの支配ってのはすぐにでも出来ることでして、マキマさんが単純にラスボスであるならば、それで終わる話です。それを変に長引かせるのはBLEACH的手法と言えるでしょう。

うーん、魔人というカテゴリの内訳が謎なんですよね。リセやデンジは人の人格がある様子ですが、ビームやパワーは悪魔の人格なんですよね。コンが「人でも悪魔でもな・・・」と言ったのは前者でありまして、マフィアの孫もこれにカテゴライズされます。(デンジは食われていませんが、マキマさんが似たコメントを出しています。)

マキマさん万能説を支持する材料はちょいちょい出てきますが・・・それなら日本に逆らう理由って乏しくなります。各国が反発した結果が人形編及び早川編ですし、絶対的な支配者として君臨しているわけではなさそう。

それならマフィアの孫はともかくリセの出来上がりにマキマさんが絡んでいる可能性はほぼほぼゼロ。リセやマフィアの孫のような魔人を作る技術は独占されていないんでしょう。

そのためにデンジの特異性ってのが各国にも理解出来ていて、それをマキマさんが手中に収めている事実はパワーバランスを大いに崩すものだと。

であると、やはり、マキマさんがデンジを支配しない理由が乏しい。早川や天使の悪魔の様に支配すりゃいいものを、デンジには人間的異性的アプローチを選択しています。これも不思議な話。

そういえばマキマさんの支配下ラインナップに魔人はありません。悪魔と、悪魔と契約した人間だけでした。魔人は支配出来ないんかな?

それならパワーは支配されていないでしょう。ビームも支配されている様子がなかった。両者ともに畏怖する様子は見られましたが。

クァンシもリセ・デンジ・マフィア孫と同じカテゴリの魔人と推察されます。この人は不老っぽいんですが、それならデンジも不老なのかな。

また、マキマさんは外見からして魔人ですよね。けれど完全な人型です。パワーには角が生えていて、暴力の魔人は複眼があり、ビームの頭はサメでした。ほぼ完璧な人型を保っている魔人はデンジ側。

完全な人型にある悪魔は登場していません。天使の悪魔以外は全て異形であり、天使にしても輪っかがあったり羽があったりと、見分けやすいパーツがあります。

ということはマキマさんの人格が人間である可能性は相当に高い。デンジと同じプロセスで成立している魔人であるならば、ラブストーリーが成立する可能性も残りますね。

 

[fin]

 

終わりなし

ビワハヤヒデの記事をまだ書いています。

前回書いた記事をリライトしようと2記事目を書き始めたわけですが、出来上がったのは全く別の切り口でした。全く違った内容の記事が2つ、合計7000字です。

濃縮しても4000字は行きそう。そして、結論まで至っていません。

記事を1つへまとめることは断念しました。血統表を作って、それぞれの記事を2000字以下へ減らす形を目指しています。結論までたどり着けば校正する箇所は増えるはず。

 

とりあえず牝系は掘り切りましたし、急所の見当もついたかなぁと思っています。

ここから更に掘らねばならないのは、5代内にある血統のそれぞれが持っていた可能性の提示。そして、それらはいずれの可能性を辿ってビワハヤヒデへと着地したのか。

 

思いつきの記事が予想以上に広がって困惑しています。

8月中旬まで忙しいので・・・9月までに公開出来たらいいなぁと思います。うーん、こういうのはPOGに割り振る予定だったんですが、来年のPOGにも参考となりそうなネタがゴロゴロ転がっているもので、色々難しいっすね。

 

[fin]

 

ビワハヤヒデに寄せて

ビワハヤヒデの訃報が届きました。大往生ですので、特別なにかを思うこともありません。名馬も生き物ですので、そりゃ死にますよね。

どうでもよい、ということではありません。かといって悲しい気持ちになるわけでもありません。笑って送ろうってのも違います。ディープやキンカメほど大きな喪失感は覚えませんしね・・・。

現役時代を知りませんから、「織田信長が死んだ」くらいのイメージしかありません。むしろ死んでなかったことに驚くくらいで、いえ、情報としては生存を知っていましたよ。しかし常にアップデートされているわけでもないので、数年後に「死んでたの!?」と驚くような形で知るのかと思っていました。

ゲームの中では常にライバルとして立ちはだかっていますし、織田信長だってそうです。いえ、信長は死んだり生きてたりするのでよく分からんですね。小説でも苛烈に生きて、壮絶に死ぬのがデフォルトですし。

漫画はそのデフォルトが通じません。ホントの信長が光秀になってたり、信長死亡ルート回避しようとしたり、別世界に転生して光秀と再戦したり、やりたい放題だ。

ビワハヤヒデもそのやりたい放題の対象ですので現実感がありません。すでに歴史上の馬みたいなところがあります。

 

こういう意識が払拭され難いのは、誰もがそうであるのか、私がそういう性質なのか、よく分かりません。

事実としてそうでないことを知っていても、脳内のイメージというか、理解というか、何か、確たる部分ではないところで、そうであると認識している自分がいるのです。

昔の映像ってモノクロじゃないですか。けれど実際に当時の世界はモノクロなわけがありませんがな。けれど、当時の光景を脳内で作り出そうとすると、やっぱりモノクロ固定なんですよ。

実際の色を知らないものは仕方がないとしても、人の肌だとか、おおよそ変わらないものも白と黒の世界でして、唸って努めてみても、それは白黒を脱しません。

つまるところ、頭が硬い。先入観の塊。

 

私にとってのビワハヤヒデはゲームの中の存在で、そうでなくとも、血統表の中の存在で、TourbillonやNearcoと大差がありません。レース映像が見られるか、見られないか、くらいの差。

だから亡くなってしまっても「会うことができなくなった」ということだけで、その点の喪失感はあっても、ソレ以上はない。だってゲームや血統表の中で会えるじゃない!・・・とはガチで思っているのか、自分でもよく分かりません。

 

とまれ、追悼とかそういうことはありませんけれど、良い機会だと思って、ビワハヤヒデの血統表を掘っているのです。昨晩22時に初めて、今は朝の6時です。ふふふ。

 

[fin]

 

立ち小便の心意気

トイレ掃除との兼ね合いから、「座り小便」がマナーとされる昨今・・・。

男性である私からしても、掃除の面倒臭さからして座ったほうが良いように思えます。結婚した友人なども「座った方が良い」としています。

男のモノは立つものですし、極端に下へ向けて放つと、なんとなく不安を感じるときがあります。泌尿器の関係からどの様なメリット・デメリットがあるかは存じませんが。

そのあたりのことは、言い訳がましいといいますか、ガンのリスクが高まるとか、そういった話でもない限りは適切な説と言えません。

 

「去勢されたようだ」という話が、最も納得できる反論であると思います。

男の立ち小便スタイルは一つの表現であると言えるでしょう。我々は小便を行うときの立ち方に美的感覚を持ち、致すときに己を表現するのです。

実際に漫画などの物語で立ち小便のシーンは多い。女性と比較すれば多いというべきでしょう。ガニ股で致すのか、あるいは腰を前に反らせてモノが他人から見えないように図るのか、前のめりで己の尿を見るのか・・・。「GTO」では教頭が尿路結石を放出していました。「真島クンすっとばす」では血尿を。

 

また、泌尿器を銃器に例えることもあります。周知されているように、男は鉄砲が大好きです。

鉄砲を打つときには標的がなくてはなりません。どこへともなく鉄砲を打つのは西部のガンマンが敵を挑発したり、家畜を追い立てるときくらいなものでしょう。

男が、というよりも人間がそうなのでしょう。道具は目的のために使うもので、その目的が空虚であることは稀です。

故に男は己の鉄砲を標的なしに使用することがありません。そして、男の習性として、それを楽しむ向きがあります。朝一番に「よーし、今日はどこに狙ってやろうか!」とまでは思わないにせよ、汚れがあれば小便で落とそうと試みるものです。

それは大変不衛生なことですが、そこへ合理的判断が及ばないのが面白いところです。

 

表現と遊び心、それが立ち小便の根っこであると私は考えます。

それは色鉛筆を持って壁へ向かう子どもの衝動にも似て、常識を一枚ずつ剥ぎ取ろうという信念なのです。

 

[fin]

 

 

「なろう」の面白さよ

とうとう私も30歳となりまして、まぁ、物語に対する執着にも変化があります。

 

細々とした面倒くさい物語を好まなくなりました。集中しなければストーリーを追うことが難しい小説や漫画を読まなくなった、と。

一部ジャンルの小説を好む人を敵に回すかもしれませんが、小説に頭を使うのは面倒くさいっす。想定通りに文字が運ばれて、想定通りに物語が完結する。それで十分にカタルシスが得られます。

 

その中で・・・「なろう系」ってのは面白いですね。ジャンルに属する作品群を面白いとは思いませんが、ジャンルとしてすごく面白い。つまりこれって「異世界転生というジャンルで水戸黄門をやろう」っていう試みじゃないですか。

水戸黄門でも刑事ドラマでも、何にでも例えて良いのですが。とにかく、読者や視聴者を裏切らなくてよいジャンルやシリーズってのは素晴らしいものです。

 

現在読んでいる浅田次郎著「大名倒産」も裏切らない物語である様子。

まだ読み終わっておりませんが、まー、王道の王道を往く話です。掻い摘めば「不遇の末っ子が逆境に立ち向かう」という話で、したらば変化球の交えようもありません。

壬生義士伝や蒼穹の昴のシリーズからすれば「先行き不明で読み進めたくなってしまう」というイメージが先行しますが、他のシリーズは基本的に王道です。

大名倒産は王道というよりもクラシック。古典的、伝統的なストーリー構成です。浅田次郎はこういう作品の方が絶対に面白い。

 

SFやミステリーを否定するつもりは一切ありませんが・・・。王道が一番楽に楽しめます。

・・・物語の系統を網羅している人にとっては、ほとんどの小説が王道と言えるでしょうが。これに反論しようとすると「一般的な王道とはなんぞや」という話となり、これまた意味が分からないので、そういうことだと思うしかありません。

つまるところ、自分の知識の内に収まる物語が最もストレスフリー。新しいものに挑戦する若き心を失ったということですね。

 

マイナスに考えるとそういうこととなりますが、プラスに考えるとすれば、力の配分を考える様になったとも。

正真正銘の趣味である「競馬の血統」、それと仕事に関しては小説と違います。手間を厭うつもりなど一切なく。

まー、仕事を手癖でこなせる程度まで行けば、競馬の血統についても一段落すれば、小説に関する未知を望むようになるかもしれません。

 

競馬は一生の趣味、仕事は70歳までの金稼ぎ、小説は最期の彩り、と考えております。老後に小説を書くのが私の夢でして、おそらくそれが最初で最後の創作活動。

競馬小説を書くのか、仕事を小説をするのか、未定というか、そのつもりはありません。自叙伝みたいになるんでしょうね。爺はそういうのを好むから。

物語の構成は競馬の血統に関する研究の、集大成になると思います。血統表は一つの物語みたいなものだと考えていますから。

 

遺伝科学を学ぶことも考えていますが、それはそれで一つの切り口に過ぎないだろうとも思っています。遺伝からのアプローチはプロがやるべき。

素人はもっとアマチュアらしい、自己満足に溢れた何かを求めるべきです。それが文学的なアプローチで、なーんかこう、取っ掛かりがありそうで、なさそうで、よく分かっていません。

ともするとこれは数学的アプローチであるかもわからず、究極的には哲学なのかもわからず、そうですね、私は競馬の血統で哲学をやりたいのかもわかりません。

 

[fin]